• トップ /
  • 賃貸住まいという選択について

賃貸に住むという選択

賃貸住まいという選択について

費用から見る賃貸住宅

新年度に合わせて新しい職場に変わるとき、引っ越すことが必要になることがあります。そこに留まる期間によって住宅選びの基準が変わりますが、賃貸と分譲のどちらにするかを決めることが第一歩になります。ゆくゆくは家を購入するというのが多くの人の目標となっていますが、あえて購入しないという選択をする家庭も増えてきています。そのメリットのひとつは、必要に応じて住み替えられる自由さがあります。また住居費の面で考えると、賃貸住宅なら初期費用が抑えられますし、毎月の賃料は発生しますが、住宅の維持管理の必要がないので気が楽です。

分譲マンションの賃貸のメリット

分譲マンションを賃貸で貸すことの大きなメリットがあります。それは、建物の修繕費用の積立が必要ないことです。もし、ワンオーナーのマンションの場合には大規模修繕などの費用を自分一人で捻出する必要があるために、定期的にその費用を積み立てておく必要があります。しかしながら、ワンオーナー出ない場合には管理組合が毎月の管理費等を積み立てており、この中の修繕積立金から大規模修繕工事などの費用が支払われます。そのため、毎月の管理費等を支払えば将来の費用について考える必要がなく、安定して部屋を賃貸で貸し出すことができます。

↑PAGE TOP