照明器具 通販

通販で照明器具を購入する際の探し方を説明します

照明器具は広い範囲を照らすために大きくて持ち運びが大変です。また、少しでも効率を良くするために薄く作られた部分は、割れやすく扱いに注意が必要です。同じものを2個購入するとなると一人ではとても持ち帰れません。そんな時は通販での購入をおすすめします。実際にものを見ないと失敗しそうで不安と思うかもしれませんが、いくつかの注意点さえ確認しておけば失敗することはありません。店舗に行って購入する時には、そこに在庫されているものから選ぶしかありません。気に入ったものがなくて妥協して購入してしまうと、すぐに飽きてしまいます。高い価格で購入したのに、調べたらもっと安いものを見つけるとさらに悲しくなります。いろいろなものを見て納得してから購入できることが通販で購入するメリットの一つです。

取り付け金具にはいくつかのタイプがある

照明器具はフロアスタンドタイプと吊り下げタイプがあり、吊り下げる物は取り付けの方法がいくつかあります。一般的な家電製品に使われる平行のプラグは、下向きに力がかかると抜けてしまうので使われていません。プラグの部分がL字に曲がっている引っ掛け型が主流です。引っ掛けられるようになっていますが、重量が重いものではそれだけでは持たないためローゼットと呼ばれる金具がついたものが必要です。その部分に鎖などでぶら下げることでしっかりと保持することが可能です。通販で購入する時には、現在付いているものの形を確認してそれと同じものを選びましょう。場合によっては、本体に隠れて取り付け部分が見えないため、一度取り外して確認することが必要になります。もし、前のものと違う形が欲しい場合は、取り付け金具ごと交換する必要があります。

LED照明の明るさは電球と同じじゃない

LEDの照明器具を選ぶ時には、電球と同じではありません。省エネルギーで使うことができるLEDは、電球よりも必要とする電力が低いのは当然です。電球は40Wや100Wなど電力の大きさで明るさを示していました。トイレや浴室などのあまり細かいものを見ないところでは40W程度で十分ですが、細かなものを見る必要がある時には100Wぐらいまでの照明が必要となります。LEDは同じ電力を必要としないので、単純な比較ができません。そのため購入時には40W相当などの比較できる指標が表示されています。蛍光灯からの交換で取り付ける時には、元に付いていた明るさを確認して、それに相当するものを選ぶようにしましょう。また、直接光源が見えるような場合は、LEDの方がまぶしく感じるので少し暗いものを選んだ方が安心です。

住宅のみではなく、オフィスや観光地、ホテルや教育施設など幅広い環境に合わせた照明を提案することができます。 照明器具のほかに輸入ブランド家具も取り扱い中です。 オンラインストアとは無関係だがあかりについて知見が深く、「あかりリノベーション」という照明をトータルコーディネートするサービスもあります。 自社ブランドのほかに、海外有名ブランドのセレクトショップとしても業界を牽引する存在です。 照明器具の通販ならおしゃれな商品多数なヤマギワオンラインストア